テレビ番組

笑っていいとも打ち切りの原因は!?視聴率は低い?後の新番組は?

笑っていいとも!

今や誰でも知っているお昼の人気番組「笑っていいとも」。

 

今回、いきなりの打ち切りで衝撃を受けた人も

多いと思います。

 

笑っていいとも打ち切りは視聴率が低いことが

原因だったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「笑っていいとも!」は、放送が開始されたのは、

1982年の10月からで、終了の2014年まで、

約30年以上続いていた番組です。

 

何と言っても一番の売りだったのは、

お昼の生放送で、人気の芸能人が出演し、

クイズやトークをお茶の間に届けるといった

番組のコンセプトでした。

 

生放送だけに、乱入者がいたり、人気企画である

「テレホンショッキング」で、次のゲストと

電話が繋がらなかったりとパプニングも多数あり、

また、それすら人気の原因の一つでもありました。

 

現在、笑っていいともは「最も多く放送された生放送番組」

という内容でギネスにも認定されています。

 

タモリに関しても、毎日の放送にも、関わらず

今まで約8000回程放送された中で、

休んだ日もほとんどなく、お昼の顔として

地位を確立していました。

笑っていいとも! タモリ

 

 

10月22日のいいとも放送中にタモリが

いいともの打ち切りを発表しましたが、

終始冷静に発表していたのは驚きました。

 

タモリもいいとも終了の話を聞いてから

自分の中で気持ちの整理をつけてから

番組で発表したのでしょう。

 

大人気だった「笑っていいとも!」が終わってしまう原因は

やはり、視聴率だったのでしょうか。

 

もともと、「笑っていいとも!」の視聴率は2013年までは

お昼の時間帯に放送されている他の番組の中では

ダントツで高い人気番組でした。

 

その視聴率は、平均して10パーセント前後を推移していた

みたいですね。

 

しかし、最近の視聴率の下落は凄まじいものがあり

2013年に入ってからの「笑っていいとも!」の視聴率は

だいたい4~5パーセント程です。

 

視聴率事態が年々下がっている背景には、インターネットの

普及なども問題もあるので仕方がないことです。

 

しかし、同じ時間に放送されているTBSの「ひるおび」にも

視聴率を抜かれたという事実もありました。

ひるおび

 

 

今までトップを独占していた分、他の番組に

視聴率を抜かれてしまったという事実も

打ち切りを決意した一つの理由なのかも知れないですね。

 

今後、「笑っていいとも!」が終了した後の新番組は

中居正広が司会を務める、まだタイトルは仮ですが、

「ハッピー・ピープル」という番組になるとのこと。

 

中居はいいともに毎週レギュラー出演しているだけに、

笑っていいともで司会を務めていたタモリも

複雑な心境かもしれませんね。

笑っていいとも! 中居

テレビの長寿番組をランキングで発表!終了の原因は視聴率だけ? | 画像・動画で楽しむ!最新エンタメ速報 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。