女優

小松菜奈はハーフで性格は?過激な映画の評価や過去画像は流出?

小松菜奈

モデルとしてデビューし、現在はCMや

映画など、女優として活躍の幅を

広げている、小松菜奈。

 

色の薄い瞳と整った顔立ちから、

「ハーフでは?」との噂もよく囁かれている

小松奈菜さん。

 

最近、映画で過激な演技に挑戦して

注目を集めたことで、普段の性格や

デビュー当時の画像などが気になる人が

多いようです。

 

今回、小松菜奈さんについてまとめました。

スポンサーリンク

 

小松菜奈はハーフ?

 

小松菜奈さんは、整った顔立ちから

ハーフと思われる方も多いようですが、

実際はハーフでもクオーターでもない、

生粋の日本人です。

 

濃い顔立ちは、母親が沖縄県出身

ということもあり、その容姿を

受け継いだのかもしれません。

 

純日本人ですが、「瞳の色が薄い」

「肌が白い」「濃い顔」といった

ハーフの要素をもった小松菜奈さん。

 

まさに、天性の芸能人としての

素質があったといっても

過言ではありませんね。

 

 

性格やデビューのきっかけは?

 

小松菜奈さんは、小学6年生の時に

原宿でスカウトされ、ファッション雑誌の

モデルとしてデビューを果たします。

 

活躍していた雑誌は、「ニコ☆プチ」、

「CUTiE」、「NYLON JAPAN」、「JILLE」、

「spoon.」などです。

 

小松菜奈さんは、山田孝之さん、松雪泰子さんなど、

演技力に定評がある役者を始め、

「ももいろクローバーZ」も所属している芸能事務所、

スターダストプロモーションに所属しています。

 

性格は、基本的には人見知りのようですが、

心を許した仲良しの友達の前では

自分をさらけ出し、よく喋り笑うのだとか。

 

仕事面では、真面目で負けず嫌いな

ところもあるので、女優やモデルとしての

仕事は適性が高いといっていいでしょう。

 

 

過激な映画の評価は?

 

小松菜奈さんが、一躍話題になったのは、

ドコモのCMです。

 

不思議な学生を演じたことで、他にない

独特な魅力がある女優として

注目を集めました。

 

松奈菜さんの魅力は、2010年に

公開され話題になった映画「告白」の

監督である、中島哲也さんの

目に止まります。

 

オーディションで中島哲也監督の

ハートを射止めた小松奈菜さんは、

2014年に映画「渇き。」で主演として

活躍し、多くの人の注目を集めました。

 

映画「告白」は非常に過激な映画でしたが、

「渇き。」も同じく表現が

とても過激になっています。

 

そんな映画「渇き。」ですが、

映画で演じた役のミステリアスさと、

小松菜奈さんの雰囲気が合っていて、

鑑賞した人の多くは、

 

「小松菜奈は、まさにハマり役だった」

 

「若手なのに肝が座っている。

今後が楽しみ。」

 

など、演技力を高く評価する感想を

述べていました。

 

小松菜奈さんは、独特な世界観を

持っているので、これからもちょっと癖のある

役のオファーが増えていきそうですね。

 

まだ、10代の小松奈菜さんの

今後の活動も楽しみにしておきましょう。

芸能人になりたい人へ!スカウトされる女の子の特徴を紹介! へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。